beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]中央大が2部優勝、湘南内定FW大橋は2部得点記録更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

中央大が2部リーグを優勝した

 中央大が11日に行われた関東大学リーグ2部の第20節で神奈川大を4-0で下し、16年ぶり2度目の優勝を決めた。4年ぶりの1部復帰は前節で決めていたが、晴れて2部王者として来季、1部に乗り込むことが決まった。

 また湘南ベルマーレへの入団が内定しているFW大橋祐紀(4年=八千代高)がこの日、2ゴールを決めて通算21得点とし、2部の得点記録を更新している。

 1部昇格をかけた残り1つの争いは、2位の立正大が有利な状況。勝ち点差3で日本体育大が追っており、最終節での直接対決を残すが、得失点差が14ある。次節の結果次第で立正大の昇格が決まる可能性があり、立正大(vs神奈川大戦)で勝利した時点で昇格は決定的となる。

●第92回関東大学L特集

TOP