beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

久保が3戦ぶり先発も…数的不利に陥ったニュルンベルク、シャルケに5発完敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュルンベルクFW久保裕也

[11.24 ブンデスリーガ第12節 シャルケ5-2ニュルンベルク]

 ブンデスリーガ第12節2日目が24日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクシャルケのホームに乗り込み、2-5で敗れた。3試合ぶりに先発した久保は、後半34分までプレーしている。

 前半9分、左サイドのDFティム・ライボルトからパスを受けた久保がPA外から強烈な右足シュートを枠内に飛ばすがGKラルフ・フェーマンに弾き出されてしまう。さらに同25分にはカウンターを発動させ、久保がドリブルで運んでPA内に持ち込み相手につぶされると、こぼれ球を拾ったMFハノ・ベーレンスが左足で狙うもシュートはゴール右に外れた。

 すると前半26分、右サイドからゴール前に蹴り込まれたボールをGKクリスティアン・マテニアがクリアミスすると、こぼれ球をFWスティーブン・スクルツィブスキに押し込まれてシャルケに先制を許す。さらに同32分にMFアミネ・ハリトに決められてリードを2点差に広げられるが、同38分に左サイドの久保がゴール前に送ったボールの流れから最後はFWフェデリコ・パラシオスが押し込んでニュルンベルクが1点差に詰め寄った。

 1-2とシャルケにリードを許したまま後半を迎えると、同22分にDFロバート・バウアーが2度目の警告を受けて退場。ビハインドを背負うニュルンベルクが数的不利に陥ってしまう。

 後半25分にFWグイード・ブルクシュタラーに決められてリードを再び2点差に広げられながらも、同34分にFWアダム・ズレラクがネットを揺らして粘りを見せたニュルンベルクだったが、同38分にスクルツィブスキにこの日2点目を許して万事休す。同アディショナルタイムにはDFバスティアン・オチプカに追加点を奪われ、2-5で敗れて2連敗。ここ6戦未勝利(2分4敗)と苦しい状況が続いている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP