beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

出場校チーム紹介:東邦(愛知)

このエントリーをはてなブックマークに追加

しぶとく戦う“いぶし銀”集団、東邦高

第97回全国高校サッカー選手権

東邦高(愛知)

東邦高関連ニュース


東邦高写真ニュース

▼全国大会日程
1回戦 1-3 大分高(大分)
[得点]仲井涼太
■出場回数
2年ぶり6回目
■過去の最高成績
2回戦敗退(01、16年度)
■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体4強1回(03年)、同出場8回
■監督
横井由弦
■主将
GK野田大智(3年)
■今季成績
[総体](県8強)
県準々決勝 0-4 名古屋高
[リーグ戦]
愛知県1部リーグ3位(11勝2分5敗)
[新人戦](県2回戦敗退)
県2回戦 1-1(PK1-3)愛知高

■予選成績
1回戦 2-0 御津高
2回戦 3-0 豊野高
3回戦 1-0 愛工大名電高
準々決勝 1-1(PK6-5)東海学園高
準決勝 1-0 名経大高蔵高
決勝 1-1(PK8-7)名古屋高
■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
   河邊雄大 豊嶋宥達
杉山祐輝         藤原颯
   野瀬翔也 仲井涼太
沼田祐輝        伊藤晃瑠
  河合康太郎 河田有生
      木下堅登
[決勝メモ] 
 初の選手権出場を目指す名古屋高と激突。ポゼッションから攻める名古屋に対し、東邦は速攻からゴールを目指す。東邦は後半6分、ハーフウェーライン付近からのFKを180cmの長身FW河邊雄大(3年)がヘディングシュートで決めて先制。名古屋は左SB常盤遼太朗(3年)の左足キックなどをアクセントに反撃する。試合終盤、東邦は2点目のチャンスを作るも活かせず。逆に後半ラストプレーで名古屋MF鷲崎将太(3年)に突破を許し、FW林拓磨(3年)に同点ゴールを奪われてしまう。10分ハーフの延長戦でも決着はつかず、PK戦へ突入。9人目までもつれ込むPK戦を8-7で制した東邦が2年ぶりの全国出場権を手にした。

MOM:FW河邊雄大(3年)
「前線で豊嶋とともに献身的な守備。先制ヘッド」

■予選取材記者(編集部・竹内)チーム紹介
エースの離脱が転機に。しぶとく戦う“いぶし銀”集団

「ウチが勝つんだったら、カツカツでやるしかない」。就任25年目。1999年度の初出場時から率いてきた横井由弦監督の想像どおり、しぶとくつかんだ全国切符だった。複数得点差での勝利は1、2回戦のみ。準々決勝は夏の王者・東海学園高を、決勝では新人戦王者・名古屋高をいずれもサドンデスのPK戦で下し、激戦の愛知県予選を勝ち抜いた。
 東邦の冬は予期せぬアクシデントで幕を開けた。大会前に絶対的エースのFW石川璃偉(3年)が左膝前十字靭帯断裂、半月板損傷の大怪我に見舞われ、全国大会を含めた欠場が決定。だが、これが転機となった。指揮官が「いつ変われるのか」と頭を悩ませていたチームは「みんながやんなきゃと結束した」。全員がハードワークし、苦しい場面でも戦える集団に変貌した。
 2年前にブレイクしたDFアピアタウィア久(流通経済大)のようなビッグタレントはいない。しかし、最後尾でチームを支える小さな守護神GK木下堅登(3年)を筆頭に、左サイドを制圧するDF沼田祐輝(3年)、戦術的な要求に応えられるMF藤原颯(3年)ら“いぶし銀”がキラリと光る。過去の最高成績は2回戦。厳しい山に入ったが、持ち味を発揮した先に活路は見えてくるはずだ。
■予選取材記者(編集部・竹内)注目選手
異次元の敏捷性。163cmの小さな守り神
GK木下堅登(3年)
「先発で最も低い163cmのGK。『アイツは身体のどこを切ってもバネ』と指揮官が評するように、上背をハンデとしない身体能力でシュートを止めまくる」

10番は黒子役。“いぶし銀集団”のリーダー
MF藤原颯(3年)
「準決勝の名経大高蔵戦では相手エースをマンマークで封殺。“いぶし銀集団”の象徴的な存在として、絶対的エースから受け継いだ『10』を背負う」

カウンターの最先鋒。苦しい時はこの男
MF杉山祐輝(3年)
「我慢強く守るチームにおいて、重要なのは攻撃の突破口。力強いドリブルで長い距離を走り抜き、味方の押し上げを導くアタッカー」

■過去の全国大会成績
【16年度 第95回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 東福岡高(福岡)
【12年度 第91回(1回戦敗退)】
1回戦 0-0(PK3-5)鵬翔高(宮崎)
【03年度 第82回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 守山北高(滋賀)
【01年度 第80回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 与勝高(沖縄)
2回戦 0-1 浦和南高(埼玉)
【99年度 第78回(1回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK3-4)作陽高(岡山)

■登録メンバーリスト
1 GK 木下堅登(3年)
2 DF 河合康太郎(3年)
3 DF 河田有生(2年)
4 DF 伊藤晃瑠(3年)
5 DF 沼田祐輝(3年)
6 MF 仲井涼太(3年)
7 MF 杉山祐輝(3年)
8 DF 野瀬翔也(1年)
9 FW 河邊雄大(3年)
10 MF 藤原颯(3年)
11 MF 豊嶋宥達(3年)
12 GK 判治実紀(3年)
13 DF 高瀬大輝(2年)
14 MF 大藤光輝(2年)
15 FW 平松璃久(3年)
16 MF 中道竜生(2年)
17 FW 山口夕貴(2年)
18 DF 栗木良輔(2年)
19 FW 成瀬秀真(2年)
20 DF 家田龍之輔レイフ(1年)
21 GK 野田大智(3年)
22 FW 竹内空(3年)
23 DF 藤井滉陽(2年)
24 FW 平野海斗(2年)
25 DF 古江脩都(1年)
26 MF 横山幸平(1年)
27 MF 山田留生(2年)
28 MF 森下真人(1年)
29 FW 波多野寛太(1年)
30 FW 安藤圭佑(1年)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2018
★「第97回全国高校サッカー」全48代表校が決まる地区大会決勝を一挙放送!

TOP