beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清武V弾でC大阪が尹監督に白星届ける! 敗れた横浜FMは得失点差で辛くも残留

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げたC大阪MF清武弘嗣

[12.1 J1第34節 横浜FM 1-2 C大阪 日産ス]

 J1第34節が1日に行われ、9位・セレッソ大阪は敵地で12位・横浜F・マリノスに2-1で勝利した。今季限りで退任する尹晶煥監督のラストゲームを飾る白星。一方、敗れた横浜FMは他会場の結果により、J1残留が決まった。

 横浜FMは後半5分、FW仲川輝人のドリブルからPA内で混戦になると、中央のMF天野純がこぼれ球を左足で流し込み、先制に成功する。

 だが、C大阪は後半11分に同点に追いつく。高い位置でMF水沼宏太がボールを回収し、PA内右に走り込んでパスを引き出したDF松田陸がグラウンダーのクロス。最後はMF山村和也が右足で蹴り込み、1-1とした。

 後半16分には右CKのショートコーナーから松田が右足でクロスを供給。DF木本恭生のヘディングはクロスバーを叩くも、跳ね返りをMF清武弘嗣が頭で押し込み、2-1と逆転した。

 横浜FMは後半20分にMF久保建英とFWウーゴ・ヴィエイラ、同37分にはDF中澤佑二を投入して打開を図る。そのまま1-2で敗れ、16位・磐田と勝ち点41で並んだが、得失点差で12位をキープして残留を果たした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第34節 スコア速報

TOP