beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GKオリバー・カーン氏、等々力餅まきでミカンもまく「カーンさんが…ミカーンです!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

元ドイツ代表GKカーン氏が餅まきに登場

[12.1 J1第34節 川崎F2-1磐田 等々力]

 川崎フロンターレは1日、等々力陸上競技場で行われたJ1最終節で磐田を2-1で下した。試合前には元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏が、東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の復興支援の餅まきに参加。ブンデスリーガのアンバサダーを務める同氏はプロモーションの一環で来日しており、前日に緊急参戦が発表された。

 カーン氏はドイツ代表としてワールドカップ(W杯)を4度経験。2002年日韓W杯ではキャプテンとして準優勝に導き、GKとして初となる大会MVPを受賞した。一時代を築いた世界最強GKの餅まき参加とあって、OBの中西哲生氏は「すごいですね、カーンですよ」と感嘆。GK安藤駿介が「僕が一番最初に影響を受けたGK。写真撮っちゃいました」と喜べば、Jリーグの村井満チェアマンも「ちなみに僕もGKでした。写真を撮りたいと思っています」と声を弾ませた。

 赤法被姿で登場したカーン氏は「コンニチハ。歓迎してくれてありがとうございます」とサポーターに挨拶し、「フロンターレ、ニカン(二冠)、オメデトウ!!」と日本語で川崎FのJ1連覇を祝福した。同氏は餅だけではなくミカンを撒く姿も見られ、イベントスタッフは「カーンさんが投げているのはミカーンです!」「ミカーン!」と強調していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第34節 スコア速報

TOP