beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「やられ方が斬新すぎて整理できない」横浜FC、勝ち抜け目前でシーズン終幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜FCの敗戦が決まり、腰に手を当て呆然とするMF佐藤謙介主将(写真左)

[12.2 J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC0-1東京V ニッパツ]

 歓喜を告げるはずのホイッスルは鳴らされず、気が付けば2018シーズンが終わりを迎えていた。土壇場の失点でJ1参入プレーオフ敗退が決まった横浜FCのMF佐藤謙介主将は「なかなかやられ方が斬新すぎて整理できていないけど、チャンスで取れなかったのがすべて」と振り返った。

「狙っていたサッカーはできていたし、相手の思うことをあまりやらせなかった」。そんな総括は決して強がりではなく、立ち上がりから主導権を握った横浜FCは優勢に試合を進めていた。大会規定により引き分け以上で突破が決まるが、「最初から引き分けは狙わず、勝ちに行く姿勢を取っていた」のも明白に示した。

 だが、求めた結末は得られなかった。最後まで相手陣内にプレッシャーをかけていたが、一瞬のスキができたのは後半アディショナルタイム6分のセットプレー。GK上福元直人のヘディングシュートを許すと、こぼれ球を拾ったFWドウグラス・ヴィエイラに決勝ゴールを決められた。

「結果が全ての世界」。残酷な現実をそう受け入れるしかなかった佐藤は「一瞬のスキでやられてしまい、プレーオフに出られなかったのと変わらないような状況になった。サッカーの難しさを感じた」と心境を吐露。口調からは気丈さも感じさせたが、あえて歯切れよく話す様子は内心の悔しさを際立たせた。

 タヴァレス監督の就任1年目で自動昇格圏と同勝ち点の3位。振り返れば「一人一人が話し合って、チームとして成長してきた良いシーズンだった。この経験をチームが強くなる糧にできれば」と手応えもある。だからこそ「いかに終了のホイッスルまで集中を切らさないか」と目の前の課題を指摘。J2リーグ11年目の来季へ「全員がそれを感じ取っているのでそれを来年に生かしていく」と再起を誓った。

(取材・文 竹内達也)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018J1参入プレーオフ特設ページ

TOP