beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

相手のスーパークリアで2戦連発ならず…豊川が無得点のオイペンは2試合ぶり黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太は後半42分までプレー

[12.9 ベルギー・リーグ第18節 ゲント2-0オイペン]

 ベルギー・リーグ第18節が9日に行われ、FW豊川雄太の所属する11位オイペンは敵地で8位ゲントと対戦し、0-2で敗れた。2試合連続スタメン出場の豊川は後半42分までプレーしている。

 豊川は前半2分、スルーパスに走り込んでPA内右に進入し、右足でシュートを放つが、右外のサイドネットを直撃。前節のベフェレン戦(1-0)に続く2戦連発弾とはならなかった。

 するとゲントは前半12分、右CKの流れからDFシグルド・ロステッドが左足でこぼれ球を押し込み、先制に成功する。追いかける展開となったオイペンは同29分、MFスレイマン・マレーが2枚目のイエローカードを受けて退場し、数的不利の戦いを強いられた。

 1点ビハインドで迎えた後半12分には豊川にビッグチャンス。カウンターからPA内右でGKとの1対1を迎えるも、右足で浮かせたシュートは戻ったDFにゴールラインぎりぎりでクリアされた。

 ピンチをしのいたゲントは後半33分、右CKからDFディラン・ブロンが自ら競ってこぼれたボールを右足で蹴り込み、追加点を奪取。オイペンは同42分に豊川が交代で退くと、そのまま0-2でタイムアップとなり、2試合ぶりの黒星を喫した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP