beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が注目するMF倉貫直人(東山高)

 ゲキサカでは12月30日に開幕する第97回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。ユース年代を主に取材するライター陣に、恒例の「選手権注目の11傑」を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏「高校生プレイヤーにとって、憧れの舞台なのが選手権。この大会にかける想いの強さはどの大会よりも強く、夏に全国大会を果たしたチームが予選で敗れるケースも珍しくありません。その反対にインターハイに出場出来なかったチームが『選手権こそは』との想いで、リベンジを果たすケースも多く、今回は夏に全国大会出場を果たせなかった選手の中から、貢献度が高い選手をピックアップしました。いずれも代表歴がない選手ばかりですが、長所を発揮出来れば、注目を集める可能性は十分。悔しさを味わった夏の分まで、大暴れしてくれることを期待しています」

以下、森田氏が推薦する11人
GK梅田陸空(大阪学院大高3年)
「中体連出身で、高校入学までは無名の存在だったが、元奈良クラブの磯部和彦GKコーチの熱血指導によって、今年に入って秘めたポテンシャルが開花。186cmの長身を活かしたハイボールの対応と、俊敏さを活かしたセービングでゴールマウスにカギをかける」

DFモヨ・マルコム強志(東福岡高2年)
「夏のインターハイは登録メンバーから外れたが、選手権予選後はプレミアリーグの2試合でフル出場を果たし、主力に定着。185cmの巨体に似つかないスピードの持ち主で、重戦車のようなオーバラーラップでサイド攻撃に厚みを加える」

DF山田梨功(浜松開誠館高3年)
「チームの悲願だった選手権初出場に大きく貢献した主将。Jクラブが熱視線を送った程の競り合いの強さを持つCBだが、組み立て能力など攻撃面でも非凡な才能を持っている。選手権予選の準決勝と決勝で得点を奪ったように、勝負強さも見逃せないセールスポイントだ」

DF三輪愛大(関西学院高2年)
「力強い守備が売りのCB。正確な左足キックと最終ラインからの持ち上がりなど攻撃への貢献度も高い。上背がないため、空中戦への対応には不安があったが、相方を組むDF網谷周世に刺激されたことで、競り合いにも進歩が見られる」

DF工藤篤弥(高知西高3年)
「元々は左足から繰り出すピンポイントクロスで見せ場を作るサイドアタッカーだったが、今季は左SBを経て、CBに定着。豊富な試合経験と的確なカバーリングで決定機を阻止しつつ、的確なフィードで攻撃の起点として機能する」

MF宮永任(丸岡高3年)
「切れ味鋭いドリブルが売りを武器に、2年生の頃から攻撃の要として期待されてきたアタッカー。主将を託された今年は精神的な成長とゴールへの貪欲さが合わさり、相手にとってより怖い存在へと成長。3年ぶりの選手権出場に導いた」

MF倉貫直人(東山高3年)
「頼れる主将として、インターハイもメンバー入りしていたが、大会直前に負傷し、1試合も出場できないまま、サポート役として4強入りを支えた。復帰後は豊富な運動量で攻守に顔を出すだけでなく、その存在感でチームに落ち着きを与えている」

MF仲田瑠(長崎総合科学大附高3年)
「持ち前のキック力を活かし、3列目からダイナミックな攻撃を操るコンダクター。力強さにアグレッシブさを備えたボールハントも完備しており、攻守の両面での貢献度はチームでも屈指。選手権でも中心選手として活躍が期待される」

MF吉田源太郎(四国学院大香川西高3年)
「ボランチを務めた昨年までは、Aチームでの出場機会が少なく満足の行く結果を残せずにいたが、今年はサイドハーフに転向したことで、持ち前のドリブルが活きる場面が増加。選手権予選は準決勝と決勝で貴重なゴールもマークした」

FW西村歩夢(旭川実高3年)
「前線からの守備とポストワークでチームに活力を加えるストライカー。フィジカルの強さが増した今年は、得点力もアップし、プリンスリーグ北海道で得点王にも輝いた。チームが上位入りを果たせるかは彼にかかっていると言っても過言ではない」

FW晴山岬(帝京長岡高2年)
「オフザボールの動きに長けたFWで、その動きは“ザ・点取り屋”といったところ。フィジカル的には決して優れたタイプではないが、ゴール前での駆け引きと、幼少期から組むMF谷内田哲平らとの息の合ったコンビネーションで得点を量産する」


執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

●【特設】高校選手権2018

TOP