beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

野澤零温が4戦8発!FC東京U-15深川が川崎F U-15に大勝!!2年連続の決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW野澤零温が2得点を挙げた

[12.27 高円宮杯U-15準決勝 川崎F U-15 1-4 FC東京U-15深川 味フィ西]

 高円宮杯JFA第30回全日本U-15サッカー選手権大会の準決勝が27日に味の素フィールド西が丘で行われ、第2試合ではFC東京U-15深川川崎フロンターレU-15を1-0で下し、2年連続となる決勝に勝ち上がった。決勝では4年ぶり3度目の日本一をかけて、ツエーゲン金沢U-15と対戦する。

 FC東京深川は前半37分、DFの背後を狙い続けていたFW野澤零温が完全に抜け出してGKと1対1に。これを冷静に蹴り込み、スコアを動かす。

 後半に入っても攻勢を続けるFC東京U-15深川は、後半19分にFW茂木秀人イファインが迎えたGKとの1対1は決めきれなかったが、同28分、カウンターから野澤が右サイドを突破。ゴール前に折り返すとフリーの茂木が難なく流し込む。同31分にはロングパスで裏に抜けた野澤が勝利を決定づける3点目。野澤は4試合連発、今大会8得点目となった。

 川崎F U-15も序盤からチャンスがなかったわけではなかった。しかし先制点を決められると、持ち味のパスワークで崩しにかかるサッカーが徐々に影を潜めてしまう。後半37分にFW八木貴裕に4点目を決められると、同アディショナルタイム2分にFW田中幹太のゴールで1点を返したが、反撃もここまでだった。

 快勝のFC東京U-15深川は2年連続の決勝進出。明日28日、ツエーゲン金沢U-15と戦う決勝で、サガン鳥栖U-15に敗れた昨年のリベンジを果たす。

TOP