beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森岡スタメン復帰のアンデルレヒト、リーグ中断前の一戦を快勝で飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタメン復帰のMF森岡亮太は後半38分に途中交代

[12.27 ベルギーリーグ第21節 アンデルレヒト3-0ベフェレン]

 ベルギー・リーグ第21節が27日に行われ、MF森岡亮太の所属する6位アンデルレヒトはホームで14位ベフェレンと対戦し、3-0で勝利した。2試合ぶりにスタメン復帰した森岡は後半38分までプレーし、リーグ戦6試合ぶりの白星に貢献している。

 アンデルレヒトは前半9分、右サイドで粘ったMFスベン・クムスが折り返し、ゴール前でフリーのFWランドリー・ナニー・ディマタが左足で押し込んで先制した。

 後半6分には左CKからクムスがクロスを送り、MFセバスティアーン・ボルナウが高い打点のヘディングシュートを決めて2-0とする。

 アンデルレヒトは後半38分になると1枚目の交代カードで森岡を下げ、MFピーテル・ヘルケンスを投入。同アディショナルタイム1分にはそのヘルケンスの右クロスをディマタが右足で蹴り込み、リーグ中断前の一戦を3-0の快勝で飾った。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP