beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

注目対決は“公立の雄”大津が5-0快勝!“アジアMVP”のFW西川は初戦で姿消す

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半5分、大津高はFW大崎舜が先制ゴール。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[12.31 選手権1回戦 桐光学園高 0-5 大津高 ニッパ球]

 注目対決は“公立の雄”が快勝! 31日、第97回全国高校サッカー選手権は1回戦を行い、最注目カードの桐光学園高(神奈川)対大津高(熊本)戦は、大津がFW大崎舜(3年)の先制ヘッドとMF大竹悠聖(3年)の3得点の活躍などによって5-0で勝利した。

 AFC U-16選手権MVPのFW西川潤(2年)を擁するインターハイ準優勝校・桐光学園と、年代別日本代表や湘南内定CB福島隼斗主将(3年)らタレント居並ぶ“公立の雄”大津との注目対決。いずれも今大会の注目校だが、「インターハイ(決勝で)負けてからチャレンジャー精神を持ってやってきた」(西川)という桐光学園と、インターハイで8強入りして「(目標は優勝だが)一試合一試合やりたい」(福島)という大津はともに挑戦者精神を持ってこの試合を目指してきた。

 地元の大声援を浴びる桐光学園に対し、大津が立ち上がりの2発で主導権を握る。前半5分、左スローインを起点とした攻撃から大竹がクロスボールを入れる。これを相手CBに競り勝った大崎がヘディングシュートを叩き込んだ。

 先制された桐光学園は西川のスルーパスやMF佐々木ムライヨセフ(2年)のドリブル突破で反撃。だが、大津は10分、速攻から右サイドで相手CBと入れ替わった大崎がハイサイドまでボールを運んでラストパスを送る。大外でフリーの大竹が、右足シュートをゴール右隅に決めて2-0とした。

 桐光学園はボールを握って攻めようとするが、大津は前線にボールを通させず、カウンターからラストパス、フィニッシュまで持ち込んでいく。何とか悪い時間を乗り切った桐光学園は西川が鋭いターンで相手CBを置き去りにしてチャンス。33分には敵陣で相手スローインをインターセプトしたMF阿部龍聖(3年)の突破からFW敷野智大(3年)が左足シュートを放った。

 大津は桐光学園の攻撃を止めきれずに相手のセットプレーの数を増やしてしまっていたが、U-18日本代表CB吉村仁志(3年)が競り合いで強さを発揮。後半立ち上がりには西川のシュートを福島が2連続でストップするなど最後の局面で堅い。
 
 逆に後半13分、大津はカウンターからMF高見柊真(3年)が持ち上がり、左サイドからMF水野雄太(3年)が右足シュート。右ポストを叩いたこぼれを奥原が押し込み、3-0とした。
 
 大津はさらに19分、大竹が右サイド後方から上げたクロスがそのままゴールイン。桐光学園は前線にアタッカー5人を並べて反撃し、決定機を作るがそれを活かすことができない。前に出る桐光学園からボールを奪ってカウンターを連発した大津は、FW宮原愛輝(1年)のゴールでダメ押して5-0で快勝。注目対決を制して2回戦へ駒を進めた。

(取材・文 吉田太郎)

●【特設】高校選手権2018

TOP