beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖DFキム・ミンヒョクが韓国・全北現代に完全移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥栖DFキム・ミンヒョクが全北現代に完全移籍

 サガン鳥栖は4日、DFキム・ミンヒョク(26)が全北現代(韓国)に完全移籍することを発表した。

 キム・ミンヒョクは崇実大(韓国)から2014年に鳥栖へ加入し、5シーズンにわたってプレー。J1リーグ戦通算145試合に出場し、3得点を記録した。また、年代別の韓国代表に名を連ね、ロシア・ワールドカップの最終予選メンバーにも選出。これまで国際Aマッチ1試合に出場している。

 クラブ公式サイトを通じて「在籍期間中、沢山の愛と応援を頂きました!」と感謝を述べ、「チームは変わりますが、いつも胸の中でサガン鳥栖を応援しています!」とエールを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●DFキム・ミンヒョク
(KIM Min Hyeok)
■生年月日
1992年2月27日(26歳)
■身長/体重
187cm/73kg
■出身地
韓国
■経歴
順天高-崇実大-鳥栖
■出場歴
J1リーグ:145試合3得点
カップ戦:17試合1得点
天皇杯:12試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP