beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決勝弾の裏には“強気な姿勢”…堂安律、悪夢のパスミスも「謝る気はさらさらなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝ゴールを叩き込んだ日本代表MF堂安律(フローニンゲン)

[1.9 アジア杯F組第1節 日本3-2トルクメニスタン アブダビ]

 悪夢の幕開けとなった一本のパスミス。だが、決して下を向くことなく、決勝点という結果で取り返してみせた。日本代表MF堂安律(フローニンゲン)は「僕が取られたところから失点したけど、ハーフタイムに謝る気はさらさらなかった。試合中に取り返すことだけを考えていた」と強気に振り返った。

 格下と言えるトルクメニスタンとのアジアカップ初戦、日本は前半26分、ミドルシュートから先制点を献上した。失点の起点となるボールロストを犯したのは堂安。やや後方への横パスが相手にカットされ、そのままシュートに持ち込まれた。堂安自身も「僕が取られて失点した」と責任を認識していた。

 だが、ここからがスタープレーヤーへの階段を駆け上がろうとする20歳の本領だった。下を向くことなくハーフタイムを迎えると、まずは周囲からのアドバイスに集中した。「宏樹くんは『サイドチェンジを見たら』と言ってくれて、乾くんは『もっと幅を使おう』と声をかけてくれた」(堂安)。

 そんな前向きなメンタリティーが後半26分、得点という結果を導いた。自身のスプリントで相手を押し込むと、FW大迫勇也のボール奪取から決定機が生まれ、MF南野拓実のパスを受け直して左足を一閃。「左足のパンチ力はあるので受けた瞬間に打つことは決めていた」。最後に違いを作ったのも強気な姿勢だった。

 日本代表にとってはアジア杯での史上最年少得点。ただ、歴史に名を刻んだ男は「携帯で見て知った。意識はしていなかった」と冷静だ。「レジェンド選手の引退が続いているけど、受け継ぎたいという覚悟は持っている。そういう意味では初ゴールを取れて良かった」。胸に留めているのは今後の日本代表を背負っていくという覚悟だけだ。

 チームにとっては大いに課題の残る一戦だった。堂安自身もファーストタッチの後のプレー、チームの距離感、攻守の切り替えと課題は次々に指摘した。しかし、まだグループリーグ第1節。これから取り戻すチャンスはある。「初戦に苦しんで良かったし、これから自分の実力がこんなもんじゃないと証明したい」(堂安)。強気なプレーで日本を救った男は後ろを振り返らず次の試合に挑んでいく。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP