beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]尚志DFフォファナ・マリック「メンバーに残って尚志にも恩返ししたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

尚志高の強力CBフォファナ・マリックが高校選抜入りへチャレンジ

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日、静岡県内でスタートした。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 選手権4強・尚志高(福島)のCBフォファナ・マリック(3年)は選考合宿で3バックの中央や4バックのCBとしてプレー。選手権同様、身体能力の高さを活かした守備を随所で見せている。そのマリックが選手権についてや高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「選手権は毎試合毎試合厳しい相手だったんですけれども、みんなで身体張ったり、頑張ってきて、結果的に準決勝で負けてしまって凄く悔しかったんですけれども、悔いはないです」

―高校選抜候補に選ばれた感想を。
「凄く嬉しいですし、やっぱりこの優秀選手に入ったからにはしっかり最後まで残って高校選抜に入りたいです」

―合宿初日の感想は?
「最初は緊張が多かったんですけれども慣れて、周りとのコミュニケーションも取れるようになりました」

―欧州遠征では外国人選手と戦う。試したいところは?
「自分の1対1だったりが、外国でもしっかり通用するのかしっかり試したいです」

―今回の合宿で意識する選手はいる?
「(自分ことをやるだけなので)特にいないです」

―高校選抜入りへの意気込みを。
「尚志を代表してきているので、メンバーに残って尚志にも恩返ししたいです」

―尚志の3年間で学べたところは?
「守備のポジショニングやカバーリングなど守備において成長することができました」

―2019年の目標を。
「(山梨学院大で)大学サッカーも経験するので、1年生からレギュラーで出れるように頑張りたいです」

(取材・文 吉田太郎)

●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ

TOP