beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清水ユースFW齊藤聖七が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW齊藤聖七(清水エスパルスユース)が目指す「GAMEOVER」させる選手とは?

「NIKE NEXT HEROプロジェクト」の一環として、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018で活躍した選手や、2年生の推薦選手を中心に構成されたプレミアリーグ選抜が1月27日からイングランド遠征を行っている。

 ナイキ フットボールの今季のコンセプトは試合を終わらせることを意味する、「GAMEOVER」。清水エスパルスユース(静岡)のエースFW齊藤聖七主将(3年)に遠征の感想や、自身の目指す試合を終わらせる選手(「GAMEOVER」させる選手)、今年の目標について聞いた。

―今回の遠征で感じたことは?
「時差などがある中で、初めて会った選手も多くいました。コミュニケーションの(不安な)部分や初対面だったんで人見知りする部分もあったんですけど、そこはすごく仲良くやってきました。練習中も凄く良い雰囲気で、笑顔もあったり、時には厳しくチームメイトに強く言ったりとか、良い環境でプレーできました。最初に会ったとは思えないくらい結構良い感じのコンビネーションもあって、それは試合にも出ていたので、凄く良いと思います」

―理想とする「GAMEOVER」させる選手とは?
「自分はやっぱりFWなので、自分のゴールで試合を決め切って勝ちたいという気持ちがあります。FWである以上、結果が求められると思うので、そこを重視していきたいと思っています」

―その姿になるためには?
「ゴールに積極的に向かうために、第一優先はパスとかではなくシュートを積極的に打っていきたい」

―今年の意気込みを。
「今年から大学(流通経済大)に進学して、また違った環境でサッカーキャリアをスタートさせるので、1年目から試合に絡めるように。もっと言ったら、レギュラーで出て、活躍して、チームに貢献したいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ特集
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP