beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川がベシクタシュを選んだ理由…「だから移籍を決断したんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF香川真司が新天地を選んだ理由とは

 MF香川真司ベシクタシュ加入の経緯を語った。7日、トルコ『ハベル1903』が伝えている。

 今冬に半年間のレンタルでトルコ入りした香川。3日のリーグ戦第20節・アンタルヤスポル戦(〇6-2)でデビューを果たすと、わずか3分間で2得点を挙げ、サポーターに鮮烈な印象を植え付けてみせた。

 以前から移籍が噂されていた香川にはハノーファー、モナコなども候補に挙がっていた。しかし欧州5大リーグではなく、トルコのベシクタシュを新天地として選択。その理由を、「シーズンが始まったときからとても熱心に誘ってくれたし、僕も彼らが何を欲しがっているのかわかっていた」とフィーリングがマッチしたことを挙げている。

「特に移籍期間に受け取ったオファーは熱烈で、心を動かされたよ。だから移籍を決断したんだ。歴史的なつながりもあったから、ベシクタシュの試合やトルコのことは調べていた」

 さらに、デビュー戦で結果を残した香川は自信を覗かせる。

「好きなのは攻撃的なポジションだ。もともとはフォワードだったから。特に中盤で自由に動くことが性に合っている。これからどんどんパフォーマンスは上がっていくと思う」

●海外組ガイド
●トルコ・スーパーリーグ2018-19特集
●香川、長友の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP