beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

12年前に同じ場所で…マルシャルをC・ロナウドに重ねる指揮官「似たものを持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

共にクレイブン・コテージで豪快な突破からのゴールを決めたFWアントニー・マルシャルとFWクリスティアーノ・ロナウド

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督はFWアントニー・マルシャルが世界最高級のフットボーラーとされるFWクリスティアーノ・ロナウドの水準まで達することができると考えているようだ。イギリス国営放送『BBC』が報じている。

 マルシャルはプレミアリーグ第26節フルハム戦(○3-0)戦の前半23分、DFフィル・ジョーンズからのパスを左サイドのハーフウェーライン付近で受けると、そのままゴール前に突破を開始。ドリブルで相手のプレッシングをかわし、PA内まで侵入しての右足シュートで相手ゴールを破った。

 試合後、かつてマンチェスター・Uで一時代を築いたガリー・ネビル氏はBBCのインタビュアーとして元同僚のスールシャール監督と対面。その際、マルシャルのゴールをC・ロナウドと重ねると、指揮官は「もちろん、(C・ロナウドと)似たものを持っているね」と答えた。

 C・ロナウドは2007年2月24日、この日と同じクレイブン・コテージでの敵地フルハム戦(◯2-1)の後半43分に同様の形から決勝ゴールを決めており、指揮官は12年前の出来事を覚えていた模様。「クリスティアーノのレベルに達したいなら、アントニーは自分がすべきことを分かっている。あとは彼次第。彼はタレントだからね」と期待を述べている。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP