beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イタリアの19歳新星がCL初ゴールで怒涛の2得点! ローマがポルトとの第1戦を制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア代表MFニコロ・ザニオーロが驚異の2ゴール

[2.12 欧州CL決勝T1回戦第1戦 ローマ2-1ポルト]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は12日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行った。ローマ(イタリア)とポルト(ポルトガル)の対戦は、ローマが2ー1で勝利。19歳のイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが2得点を挙げた。第2戦は3月6日に行われる。

 グループGを2位で突破したローマはFWジェンギズ・ウンデルやFWパトリック・シックが負傷により欠場に。4-1-4ー1の布陣で中盤のアンカーにMFダニエレ・デ・ロッシを置き、2列目にMFブライアン・クリスタンテ、MFロレンツォ・ペッレグリーニ、FWステファン・エル・シャーラウィ、ザニオーロを起用。最前線にFWエディン・ジェコを配置した。

 一方、ポルトはグループDを首位で通過した。しかし、攻撃の要であるFWムサ・マレガとFWバンサン・アブバカル、FWヘスス・コロナが欠場。4-4-2の布陣を敷き、ゴールにはGKイケル・カシージャスが立ちはだかり、最前線にFWフランシスコ・ソアレスとFWフェルナンドを起用している。

 前半は互いに拮抗状態のまま時間が過ぎていく。ローマは前半37分、ジェコがPA左に進入すると、相手DFを切り返しでかわして右足シュート。しかしゴール左ポストを叩き、チャンスを逸した。前半はローマがシュート4本、ポルトは1本を放ち、0-0で折り返した。

 後半からポルトはハイプレスを仕掛けるが、後半23分にFWヤシン・ブライミが負傷し、FWアドリアン・ロペスと交代。すると、直後の同25分に均衡が崩れてしまう。

 ローマは左サイドからエル・シャーラウィがクロスを上げ、PA中央のジェコが左足トラップから右足キックで流れるようにパス。PA右のザニオーロは冷静なトラップから右足シュートを放ち、ゴール左隅に決めた。欧州CLで初ゴールを決めた19歳のイタリア代表MFザニオーロは歓喜爆発。しかし、その直後に再び得点を挙げる。

 ローマは後半31分、ジェコが中盤から強引に右足シュートを放つ。低い弾道はカシージャスの横を抜け、ゴール左ポストを直撃。跳ね返ったボールをザニオーロが左足で流し込み、怒涛のドッピエッタ(1試合2得点)を挙げた。

 しかし、ポルトも諦めない。後半34分には後方からのロングボールをA・ロぺスが頭で落とす。PA手前のFWアンドレ・ペレイラの右足シュートはミートせずにPA右へと流れるも、再びA・ロペスが押し込み、アウェーゴールとなる1点を返してみせた。

 殊勲のザニオーロは後半42分にDFダビデ・サントンと交代に。試合は2-1で終了し、期待の新星の大活躍によりローマが第1戦を勝利した。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●セリエA2018-19特集
●ポルトガル・リーグ2018-19特集

TOP