beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伊東純也のデビューお預け…ゲンクは第1戦をスコアレスで終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチ外となったFW伊東純也(写真は8日の国内リーグ)

[2.14 EL決勝T1回戦第1戦 スラビア・プラハ0-0ゲンク]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1戦が14日に行われ、日本代表FW伊東純也の所属するゲンク(ベルギー)は敵地でスラビア・プラハ(チェコ)と対戦し、0-0で引き分けた。伊東はベンチメンバーから外れ、新天地デビューはお預けとなっている。

 今月2日に柏からの期限付き移籍が発表された伊東。EL決勝トーナメントの登録選手リストに入っていたが、8日のベルギー・リーグ第25節スタンダール・リエージュ戦(2-0)に続いてベンチ外となった。

 試合は立ち上がりから互いにゴールに迫る展開の中、後半15分にゲンクのFWレアンドロ・トロサールがゴール前のこぼれ球を押し込むが、オフサイドの判定となる。その後も得点を目指して攻撃の応酬が続いたものの、両GKのビッグセーブなどもあり、0-0のままタイムアップ。ゲンクのホームで開催される21日の第2戦で決着をつけることになった。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP