beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿島、2021年入団内定の“東京五輪エース候補”法政大FW上田綺世を特別指定選手に

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021シーズンの鹿島入団が内定しているFW上田綺世

 鹿島アントラーズは15日、2021シーズンの入団が内定している法政大2年生FW上田綺世(20)が、『2019年JFA・Jリーグ特別指定選手』として日本サッカー協会(JFA)から承認されたことを発表した。

 上田は東京オリンピック世代のエース、次世代の日本を支えるストライカーとして期待されている。鹿島は今月12日に21シーズンの加入を発表。同選手について、「身体能力の高さと正確なシュート技術を併せ持つ、オールラウンダーなストライカー。動き出しとゴール前のポジショニングにも優れ、点取り屋に必要な能力を兼ね備える」と紹介していた。

 特別指定選手として登録されたことで、上田は在学したままJリーグ公式戦等に出場することが可能となる。

●FW上田綺世
(うえだ あやせ)
■生年月日
1998年8月28日
■出身地
茨城県
■身長/体重
182cm/76kg
■利き足

■特徴
身体能力の高さと正確なシュート技術を併せ持つ、オールラウンダーなストライカー。動き出しとゴール前のポジショニングにも優れ、点取り屋に必要な能力を兼ね備える。
■経歴
鹿島Jrユースノルテ-鹿島学園高-法政大
■代表歴
U-21日本代表、U-20日本代表

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP