beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユーベ指揮官アッレグリ、ロナウドが見せたディバラへの“気遣いパフォ”に「私は古い人間だから…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWクリスティアーノ・ロナウドが“ディバラマスク”パフォ

 ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが14日、フロジノーネ戦の前日記者会見に出席し、チームや自身の去就、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)などについてコメントを残している。

 前節のサッスオーロ戦では、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートとなったFWパウロ・ディバラのゴールパフォーマンスを行って仲間への気遣いを見せた。メンタル面におけるリーダーとしてのC・ロナウドの振る舞いは相次いで称賛されたが、アッレグリはこれについて自身の見解を示した。

「私はかなり古い人間なので、(ディバラの)マスクパフォーマンスなど、そういったことはまったく分からない。だがチームが現在、フィジカル面でも調子が良く、シーズン終盤に向けて選手たちが集中していることだけは確かだ」

 続いてアッレグリは、ディバラの重要性を説き、リーグ戦3試合ぶりの先発復帰を予告している。また、ケガで離脱していたDFジョルジョ・キエッリーニおよびDFレオナルド・ボヌッチらの状況について説明した。

「ディバラが先発に復帰する。ユーヴェでは物凄い数字を残してきた選手であり、現役では最高峰の選手の1人だ。(アンドレア)バルザーリは70日間と長期間戦列を離れていたが、ベンチには来る。キエッリーニは最初からは難しいがチャンスがあれば45分間だけプレーさせる。ボヌッチは出場する」

■CLはトッテナムの準決勝進出を予想
 さらにユーベ指揮官は、今週行われたCL決勝トーナメント1回戦について感想を述べた。

「我々はアトレティコ・マドリーのような厳しいチームと対戦しなければならないので、自分たちのことに集中するべきだ。だがレアル・マドリーは、素晴らしいプレーを見せていたアヤックス相手にレアルらしい戦いを見せた。トッテナムは非常に成長しており、準決勝へ勝ち進むかもしれない」

 最後にアッレグリは自身の来シーズンの去就について言及。「人生において100%確かなことなど何もない。ただ私は5年前からここで気持ちよく過ごせている。契約もあるし、幸せだ。だが私は現在に集中している」と語った。

●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP