beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

解任間近? チェルシーFA杯敗退も…サッリ監督「チームとの関係はそれほど重要じゃない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

解任の噂も聞こえるマウリツィオ・サッリ監督

 チェルシーはFA杯5回戦でマンチェスター・ユナイテッドに0-2で敗戦。マウリツィオ・サッリ監督が試合を振り返った。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 序盤は公式戦18試合無敗と好調だったチェルシーだが、ここに来てコンスタントに黒星を重ね、10日にプレミアリーグ第26節・マンチェスター・シティ戦では0-6の大敗を喫した。昨季に王者となったFA杯で汚名返上を狙っていたが、ユナイテッドに0-2で完敗。チェルシーのサポーターはゴール裏からサッリを罵倒し続けている。

 指揮官は「後半は混乱したが、前半は良かった」と試合を振り返る。解任も噂される中、当の本人は「それは私の問題ではない」と気にする素振りをみせず、「チームとの関係はそれほど重要じゃない。でも関係は良いけどね」と語った。

 本人にも届いていただろうサポーターの声にも、「私はファンじゃなくて、試合結果を心配している」とマイペースを崩そうとはしなかった。

●FA杯2018-19特集

TOP