beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3戦連続先発も久保は不発…新体制も連敗の最下位ニュルンベルク、泥沼18試合未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

3試合連続で先発したFW久保裕也

[3.2 ブンデスリーガ第24節 ニュルンベルク0-1ライプツィヒ]

 ブンデスリーガ第24節が2日に開催され、FW久保裕也所属のニュルンベルクライプツィヒとホームで対戦し、0-1で敗れた。久保は3試合連続で先発し、後半36分までプレーした。

 ニュルンベルクは序盤のチャンスを逸した。前半9分、ビデオ判定の末にPKのチャンスを獲得したが、キッカーのMFハンノ・ベーレンスが失敗。ライプツィヒはDFイブラヒマ・コナテがCKを蹴り込み、ファーサイドのDFルーカス・クロスターマンが右足で押し込んだ。

 後半16分にはCKの流れから久保がシュートを狙ったが、相手DFのブロックに阻まれた。そのままゴールをこじ開けられず、0-1で敗れたニュルンベルク。ボリス・ショマース新監督体制でも連敗を喫し、リーグ戦18試合未勝利となった。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP