beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イスコがアディダスと契約締結を発表!スパイクは「NEMEZIZ(ネメシス)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アディダスとの契約を締結したMFイスコ

 アディダスは14日、レアル・マドリーのMFイスコとウェア・スパイクなどのサプライ契約を締結したことを発表した。イスコはバレンシアの下部組織出身で、2010-11シーズンにトップチームデビュー。そのころから2011-12シーズンまでアディダスのスパイクを着用していた。2012-13シーズンからはナイキと契約し、約7年間ほどナイキのスパイクを着用してきたが、27歳となる2019年から再びアディダスのスパイクを着用する。

 アディダスのシニアスポーツマーケティングディレクターのグレゴリー・フェルナンデス氏は「アディダスのアスリートとして、イスコが加わってくれたことを大変嬉しく思います。ヨーロッパで最も才能のある選手の1人であり、レアル・マドリーで活躍をしているイスコが、アディダスファミリーの一員になりました。彼がNEMEZIZ(ネメシス)を履いて、彼の試合を次のレベルに引き上げるのを見るのが楽しみでなりません。」と語っている。

 また、イスコ自身もこの発表についてこう述べている。「アディダスはアスリートが成功するための優れたツールを常に提供しているという点で、プレーヤーから高い評価を得ています。私のプレースタイルは、敏捷性と創造性の上に成り立っています、NEMEZIZ(ネメシス)は、私が結果を出す為に最適なスパイクです。」とコメントした。


 イスコが着用するスパイクは、高伸縮性バンデージ素材のホールドフィットにより、爆発的なアジリティを生み出す「NEMEZIZ(ネメシス)」。レースレス構造が抜群のフィット性を発揮する革新的スパイクだ。

★アディダス「NEMEZIZ」の詳細はこちら

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP