beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUがFA杯ベスト8敗退…スールシャール体制初の公式戦連敗に

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドが敗退

[3.16 FA杯準々決勝 ウォルバーハンプトン2-1マンチェスター・U]

 マンチェスター・ユナイテッドは16日、FA杯(国内杯)準々決勝でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗戦。ベスト8敗退となった。

 7日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でパリSGを3-1で下し、逆転突破を果たしたユナイテッドは、10日にプレミアリーグ第30節でアーセナルに0-2で敗れ、5位に順位を下げた。先発は4人変更。GKセルヒオ・ロメロとMFジェシー・リンガード、MFアンデル・エレーラ、FWアントニー・マルシャルが起用された。

 ボールの主導権を握るユナイテッドだが、ウルブスの守備網を突破できないでいると、後半25分に先制点を許してしまう。ウルブスは左サイドからMFジョアン・モウティーニョが強引に切れ込み、FWラウール・ヒメネスがPA中央で粘り強くボールをキープ。パスはカットされたが、こぼれ球をヒメネスが反転から右足シュートを決め、均衡を破った。

 さらにウルブスは後半31分、ユナイテッドのCKからカウンター発動。MFディオゴ・ジョッタがDFルーク・ショーのマークをはがして強引に突破すると、PA左から左足シュートをニアに突き刺し、2-0とリードを広げた。

 まさかの2失点を喫したユナイテッドは、足首の負傷と報じられたFWロメル・ルカクがベンチ外。FWアレクシス・サンチェスも離脱中のため、ベンチにはFW選手は入っていなかった。そのため、MFフアン・マタやMFスコット・マクトミネイらを入れて、中盤からの攻撃活性化を狙ったが、ゴールが遠かった。

 後半アディショナルタイム5分には、PA左に進入したショーの折り返しをFWマーカス・ラッシュフォードが右足でねじ込んだが、反撃もここまで。ユナイテッドは1-2で敗れ、オーレ・グンナー・スールシャール体制初の公式戦連敗を喫した。

●プレミアリーグ2018-19特集
●FA杯2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP