beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

武藤嘉紀が2か月半ぶり出場!岡崎慎司はベンチ入りも出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤嘉紀が約2か月半ぶりの出場

 プレミアリーグは16日、第31節が行われた。

 FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でバーンリーと対戦し、2-1で勝利。2連勝を飾った。前半4分にDFハリー・マグワイアが決定機阻止により一発退場したが、前半33分にMFジェームス・マディソンが直接FKを決めて先制する。前半38分に同点に追いつかれたが、後半45分に右CKの流れからDFウェズ・モーガンがヘディングシュートを決め、2-1で競り勝った。

 FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは敵地でボーンマスと対戦。前半アディショナルタイム5分にFWサロモン・ロンドンが直接FKを決めて先制するが、FWジョシュア・キングに2ゴールを許して逆転を許してしまう。それでも後半アディショナルタイム4分にMFマット・リッチーが豪快な左足ボレーを決め、2-2で引き分けに持ち込んだ。

 なお、岡崎はベンチスタートも出番なし。武藤は後半37分から途中出場。今年1月2日に行われた第21節マンチェスター・ユナイテッド戦以来、約2か月半ぶりの出場を果たした。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP