beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バロテッリ2連弾のマルセイユはPK2連続献上で無念のドロー…酒井宏は累積警告で出場停止

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWマリオ・バロテッリが2得点も…チームは追いつかれてドローに

[3.30 リーグアン第30節 マルセイユ2-2アンジェ]

 フランス・リーグアンは30日に第30節を行った。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでアンジェと対戦し、2-2でドロー。FWマリオ・バロテッリが2得点を挙げたが、その後追いつかれた。酒井は累積警告により出場停止となっている。

 マルセイユは前節にパリSGに1-3で敗戦。警告を受けた酒井は累積により今節は出場停止に、またGKスティーブ・マンダンダは一発レッドで退場したため、同じく出場停止処分となっている。

 試合は開始4分に動く。マルセイユは左サイドからのクロスをバロテッリがファーサイドで受け、右足シュートでゴールネットを揺らす。その後線審によってオフサイドが認められたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってバロテッリはクロス時に守備陣と同ライン上に立っていたことが判明。改めて得点が認められ、マルセイユが先制した。

 さらにマルセイユは前半16分に追加点。バロテッリがゴール正面のPAライン上でボールを受け、右足シュートをゴール左隅に決めた。今冬加入の新エースは加入後7得点目としている。

 しかしその後マルセイユは失速する。前半36分にPKを献上し、MFトマス・マンガニに1点を返されて2-1で前半を折り返す。後半32分にはまたしてもPKを与え、マンガニに同点弾を決められてしまった。さらに直後にはDFブナ・サールが2回目の警告で退場処分となり、マルセイユは数的不利に陥ってしまう。

 試合はそのまま2-2で終了。バロテッリの活躍で試合を有利に運べるはずが、マルセイユは勝ち点3を奪うことができず。現在順位は4位で、3位リヨンとは勝ち点8差が開いている。

●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2018-19特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP