beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこジャパン、ホスト国に完敗…W杯へ不安残す

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW小林里歌子は一時は同点となるゴールを決めた

[4.4 国際親善試合 フランス女子3-1日本女子]

 FIFAランキング7位の日本女子代表(なでしこジャパン)は4日、フランス・オセールで同4位のフランス女子代表と国際親善試合を行い、1-3で敗れた。

 なでしこジャパンに厳しい現実だ。2か月後に迫ったワールドカップ。その開催地でホスト国と対戦したなでしこは、開始3分で失点。前半24分にMF中島依美のシュートのこぼれ球をFW小林里歌子が押し込んで同点としたが、その後もセットプレーで勝ち越しを許すなど、リズムを取り戻すことは出来なかった。

 なでしこは9日にFIFAランク2位のドイツ女子代表と、W杯メンバー発表前最後の国際親善試合を行う。メンバー発表は5月中旬を予定している。

●女子ワールドカップ2019特集

TOP