beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口ハノーファー連敗「8」で止めるも…次節も自力残留消滅の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

奮闘したMF原口元気

[4.21 ブンデスリーガ第30節 ヘルタ0-0ハノーファー]

 ブンデスリーガは21日、第30節を行い、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーヘルタ・ベルリンに0-0で引き分けた。原口は10試合連続で先発出場。“起用禁止令”の浅野はメンバー外だった。

 古巣戦に臨んだ原口は4-1-4-1の右インサイドハーフで先発。ハノーファーはいい攻撃の流れをつくり、前半のうちに3本のシュートを放つなど原口が奮闘。後半41分に左サイドを鋭く縦に仕掛けてクロスを入れるなど、終盤も気を吐いた。

 試合は0-0の引き分けに終わり、最下位ハノーファーは連敗を「8」で止めた。4試合を残して残留圏15位シャルケとの勝ち点差は「12」。ただし、崖っぷちな状況は変わらず、次節も自力残留が消滅する可能性がある。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集

TOP