beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チャンスを掴んで世界で奮闘した日本高校選抜SB後藤裕二「見ている人は見てくれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜SSB後藤裕二(矢板中央高→順天堂大)は最後2試合で攻守に奮闘

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜は4月13日から24日まで欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場。6位で大会を終えた。

 全国高校選手権ベスト8・矢板中央高(栃木)のSB後藤裕二(矢板中央高→順天堂大)は、追加招集メンバーとして欧州遠征に参加。デュッセルドルフ国際ユース大会では予選リーグ第3戦まで出場機会がなかったが、そこから最後の2試合に先発出場して持ち前の対人の強さや右サイドでのスプリント力を発揮した。チャンスを待ち続け、訪れた機会でしっかりと自分の武器を表現した後藤が、高校選抜の活動の感想と日本高校選抜や選手権を目指す高校生たちへのメッセージ、そして今年の意気込みなどを語った。

以下、後藤コメント
―高校選抜の活動を振り返って。
「海外の選手とやる機会は日本にいたらなかなか経験できないことなので、選んでもらえてこういう貴重な経験ができたということは自分にとって非常にプラスにはなったと思うし、そういう中で色々なことを学ぶことができたのは良かったと思います」

―最後2試合で自分の特長を出していた。
「自分の持ち味は出せたかなと思うところは自分でもあります。でも、自分の結果というところでは出せていなかったので、アシストも決まらなかったし、得点も自分で仕掛けてもっとそういうチャンスを狙っていけたらなと思っています」

―高校選抜や選手権を目指す高校生たちへのメッセージをお願いします。
「高校3年間頑張ってきて、最後こういう高校選抜に呼ばれて海外にも行けて良い形で終わることができた。選手権は最高の舞台なので、そこで優勝できるように頑張って欲しいと思います」

―全国的に知名度のあった選手ではないかもしれないが、高校選抜に入って世界でプレー。後輩に勇気を与えることができた。
「1試合1試合、自分が取り組める最高のパフォーマンスを出していければ、見ている人は見てくれている。選手権はとても良い舞台なので頑張って欲しいです」

―大学生活やその先へ向けた意気込みを。
「今年レギュラーというポジションを自分のものにして、そこで活躍して選抜とかにたくさん選ばれたらいい。大学で4年間頑張って(プロの)内定をもらいたいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会公式サイト(別サイトに移動します)

TOP