beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

甲府の首位浮上阻止…愛媛がFW吉田眞紀人の2戦連発弾でドローに持ち込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛がホームで甲府と1-1のドロー

[4.27 J2第11節 愛媛1-1甲府 ニンスタ]

 J2第11節が27日に開催され、16位愛媛FCはホームで暫定4位のヴァンフォーレ甲府と1-1で引き分けた。前半10分に甲府のMF横谷繁にPKで先制点を許しながらも、後半11分にFW吉田眞紀人が同点弾を奪取。逆転には至らず、J2ホーム通算100勝目は持ち越しとなった。

 勝てば暫定で首位浮上となる甲府は、開始から積極的にゴールへ迫る。前半9分にはPA内左でFWドゥドゥが愛媛MF長沼洋一のファウルを受け、PKを獲得。同10分、PKキッカーを務めた横谷がGK岡本昌弘の逆を突き、右足でゴール右下に決めて1-0とする。横谷は2試合ぶりとなる今季2得点目を記録した。

 甲府は先制後もチャンスを量産していく。追いかける愛媛も後半アディショナルタイム1分に右CKの流れからDFユトリッチ、MF近藤貴司が立て続けに決定的なシュートを放ったが、いずれも相手が体を張って阻止。前半は甲府の1点リードで折り返した。

 愛媛は後半の立ち上がりにピンチを迎えたものの、これをしのぐと後半11分にスコアをタイに戻す。吉田がキープから右サイドにボールをはたき、そのままゴール前へ。ニアで長沼のクロスに頭で合わせ、ゴール左に流し込む。吉田の2試合連続弾で愛媛が1-1と同点に追いついた。

 甲府は失点後も主導権を握って攻め込んだが、愛媛GK岡本昌弘の好セーブなどで勝ち越しゴールは奪えず。勝ち点1の上積みにとどまり、第7節以来の首位奪還はならなかった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第11節1日目 スコア速報

TOP