beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

カットインで勝負あり…同点弾の横浜FM仲川「縦は警戒されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスの同点ゴールを決めたFW仲川輝人(写真中央)

[4.28 J1第9節 横浜FM2-1鹿島 日産ス]

 意表を突いたカットインで鹿島守備陣を切り裂いた。横浜F・マリノスFW仲川輝人は後半24分、ペナルティエリア右寄りで味方のパスを受けると「縦は警戒されていると感じていた」と中央へのドリブルを選択。対面のディフェンダー2人を一気にかわし、強烈な左足シュートで逆転への口火を切る同点ゴールを叩き込んだ。

 勝負を分けたのはシュート前の駆け引きだった。「自分たちのサッカーはウイングは縦に行ったりスペースで受けて、そこからダイレクトだったり早いクロスを上げる。ただそういうのを考えながらも、相手が縦を切ったら中に行ける」。この日は前半から縦突破への警戒を感じていたといい、得点シーンではあえて変化をつけた。

「カウンター気味で康児(MF三好康児)に渡って、自分に渡って来るまでがスムーズだった。そこから1対1でしかけて、中にカットインする動きが今日はなかったので、1回くらいカットインしようと思った。その中で冷静に左隅に流し込めて良かった。練習していたことが実になった」。

 アシストはすでに3つを数えるが、得点はJ1開幕節のG大阪戦以来2つ目。「アシストも増やしたいし、得点に絡むことも大事だけど、最後は点(を取ること)」。そんな意気込みでシュートのパターン練習に取り組んできたという仲川にとって「徐々に試合でも出せているし、次もああいう形で点を取りたい」と手応えの一発だった。

 この日は前半開始早々に失点を喫し、エリア内に固いブロックを敷いてくる相手に苦しむ場面もあった。それでも「前半は守れていても、後半に落ちてくるという狙いは持っているし、空いたところでシャドーが良いところでボールを受けられる」と動じず。勝負どころの意思疎通ができていたことで同点弾につなげてみせた。

 仲川のゴールで攻勢ムードを高めた横浜FMは後半37分、FWマルコス・ジュニオールが勝ち越しゴールを決めて逆転勝利。「前節は負けていたし、連敗するチームは優勝できないと思っているので勝てて良かった」。横浜FMの逆転勝ちは、同じく仲川が同点弾を記録した開幕節以来今季2回目。チームの浮上は、苦しい時に点が取れる男の活躍にかかっている。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第9節2日目 スコア速報

TOP