beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

空中でピタッ…C・ロナウドが得意のヘディングで今季21得点目、ユーベはダービー痛み分け

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWクリスティアーノ・ロナウドが今季21得点目を記録

[5.3 セリエA第35節 ユベントス1-1トリノ]

 セリエAは3日に第35節を行った。ユベントスはホームでトリノとの“トリノ・ダービー”に臨み、先制されるもFWクリスティアーノ・ロナウドの得点で1-1のドローに終わった。

 前半18分に失点を喫した王者ユベントスはその後も難しい状況が続く。幾度とチャンスをつくりながらも、ゴールネットを揺らすことができずに、0-1のまま前半を折り返した。

 しかしユベントスは後半39分に同点に追いつく。DFレオナルド・スピナツォーラが緩急つけたドリブルから左サイドを突破して左足クロス。ゴール前のC・ロナウドがハイジャンプから狙いを定めたヘディングシュートを放ち、ゴール右に流し込んだ。

 C・ロナウドはクラブキャリア通算601ゴール目を記録し、今季リーグ戦では21得点目。得点ランク首位のFWファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)まで暫定で残り2ゴール差となっている。

 試合はそのまま1-1のドローで終了。ダービーは痛み分けとなった。ユベントスは12日に第36節でローマと対戦する。

●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP