beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]逆襲の阪南大が5位浮上! 昨季王者・大体大は全勝ストップで陥落…びわこ大が首位に:前期第7節

このエントリーをはてなブックマークに追加

阪南大が首位・大体大を撃破

第97回関西学生サッカーリーグ1部


 第97回関西学生サッカーリーグ1部の前期第7節が5日に各地で行われた。阪南大大阪体育大に2-1で勝利し、今季初黒星の大体大は首位から陥落した。

 阪南大は前半11分、昨季王者から先制点を奪う。FW森山裕大(4年=大社高)からのパスをMF本石捺(3年=佐野日大高)がゴールに沈めた。1-0で迎えた後半21分には、本石のアシストからMF八田壮一郎(3年=作陽高)が追加点。同26分には大体大に1点を返されるが、そのまま2-1で逃げ切った。

 開幕3連敗だった阪南大だが、少しずつ立て直して今季3勝目。順位も8位から5位に浮上した。一方、開幕6試合で全勝していた首位・大体大は今季初黒星。2位びわこ成蹊スポーツ大が勝利したため、大体大は2位に順位を落とした。

 びわこ大はMF泉柊椰(1年=神戸U-18)の2得点などで、近畿大に4-2で勝利。3位の関西学院大関西大に3-2と接戦を制した。前節に選手到着の遅れにより没収試合となった桃山学院大はその鬱憤を爆発。京都産業大と対戦し、4-0で圧勝した。

 立命館大関西福祉大と対戦し、後半17分にMF田中康介(3年=京都U-18)が先制点を、同29分にMF藤井智也(3年=長良高)が追加点を挙げる。終了間際に関福大に点差を縮められるが、そのまま2-1で今季4勝目。4位をキープしている

 大阪経済大大阪産業大の昇格組同士の対戦は、大経大がFW植村宥紀(3年=大産大高)の決勝点で勝利。1-0で今季2勝目を挙げた。

 次節は18日、19日に行われる。

結果は以下のとおり

【前期第7節】
(5月5日)
[J-GREEN堺・天然芝フィールド]
大阪経済大 1-0 大阪産業大
[経]植村宥紀(13分)

立命館大 2-1 関西福祉大
[立]田中康介(62分)、藤井智也(74分)
[関]加賀和駿斗(89分)

[神戸総合運動公園補助]
びわこ成蹊スポーツ大 4-2 近畿大
[び]泉柊椰2(18分、35分)、上月翔聖(60分)、青山景昌(90分)
[近]知念哲矢(11分)、中山天彦(32分)

桃山学院大 4-0 京都産業大
[桃]山口海都(22分)、毎熊晟矢(39分)、水津颯太(52分)、印藤虎太郎(57分)

[西京極総合運動公園陸上]
大阪体育大 1-2 阪南大
[大]田中駿汰(71分)
[阪]本石捺(11分)、八田壮一郎(66分)

関西学院大 3-2 関西大
[学]オウンゴール(38分)、山本悠樹(45分)、安羅修雅(68分)
[西]松本歩夢(49分)、羽田健人(89分)

●第97回関西学生リーグ特集

TOP