beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-16アジア選手権予選、日本はマレーシア、カンボジア、ラオスと同組に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 アジアサッカー連盟(AFC)は9日、マレーシアのクアラルンプールでAFC U-16選手権2020予選の組み合わせ抽選会を行い、日本はマレーシア、カンボジア、ラオスと同組のグループJに入った。予選開催地はラオスに決まっている。

 同予選は9月14日から22日まで実施。参加国を西地区6グループ、東地区5グループの計11グループに分け、各グループの1位および各グループの2位の中から成績上位の4チームが本大会に出場することになる。

組み合わせは以下の通り※(H)は各組の予選開催地

【西地区】
▽グループA
タジキスタン、ヨルダン(H)、ネパール、スリランカ、クウェート

▽グループB
インド、ウズベキスタン(H)、バーレーン、トルクメニスタン

▽グループC
イラン(H)、アフガニスタン、パレスチナ、モルディブ

▽グループD
オマーン、サウジアラビア(H)、シリア、パキスタン

▽グループE
イエメン、バングラデシュ、カタール(H)、ブータン

▽グループF
イラク、キルギス(H)、レバノン、UAE

【東地区】
▽グループG
インドネシア(H)、中国、ブルネイ、フィリピン

▽グループH
オーストラリア、ベトナム(H)、東ティモール、モンゴル、マカオ

▽グループI
北朝鮮、香港、シンガポール(H)、グアム

▽グループJ
日本、マレーシア、カンボジア、ラオス(H)

▽グループK
韓国、タイ、ミャンマー(H)、台湾

TOP