beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルが19年ぶりEL決勝進出!オーバメヤン3発などバレンシアを粉砕

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWピエール・エメリク・オーバメヤンがハットトリック

[5.9 EL準決勝 バレンシア2-4アーセナル]

 ヨーロッパリーグ(EL)は9日、準決勝第2戦を行った。メスタージャではバレンシア(スペイン)とアーセナル(イングランド)が対戦。第1戦を3-1で制したアーセナルが4-2で勝利をおさめ、2試合合計7-3で1999-2000シーズン以来19年ぶりの決勝進出を決めた。

 2日にエミレーツ・スタジアムで行われた第1戦は、FWアレクサンドル・ラカゼットとFWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールによりアーセナルが3-1で先勝した。バレンシアは第1戦から3人変更。MFフランシス・コクランとMFダニエル・バス、FWケビン・ガメイロを起用した。対するアーセナルは2人を入れ替え、DFシュコドラン・ムスタフィとMFマテオ・グエンドゥジに代えてDFナチョ・モンレアルとMFルーカス・トレイラが先発に名を連ねた。

 試合は積極的な入りをみせたバレンシアが先制。前半11分、カウンターからPA左でスルーパスを受けたFWロドリゴ・モレノが中央に折り返し、ガメイロが滑り込みながら押し込み、ゴールネットを揺らした。

 バレンシアの勢いに押され、失点してしまったアーセナルだが、前半17分に追いつく。GKペトル・チェフのゴールキックから敵陣中央で相手が触ったボールをラカゼットが頭でフリック。オーバメヤンが抜け出して右足アウトでゴール右隅にねじ込み、1-1と同点とした。

 互いにゴールに迫り、見応えのある攻防が続く。アーセナルは後半5分、自陣でルーズボールを奪ったオーバメヤンが縦に仕掛け、相手に止められながらも高い位置でカット。これを拾ったトレイラが素早くラカゼットにつなぎ、PA内で反転して右足シュートをゴール右隅に突き刺した。

 これでアーセナルが2戦合計5-2。アウェーゴール2つとかなり優位な状況に。それでも諦めないバレンシアは後半13分、PA右でスルーパスを受けたバスがマイナスに折り返し、モレノが右足シュート。これをガメイロが押し込んで2-2とした。

 アーセナルは後半17分、エジルを下げてMFヘンリク・ムヒタリアンを投入。24分にはMFグラニト・ジャカのサイドチェンジから右サイドでMFエインズリー・メイトランド・ナイルズが縦に仕掛け、グラウンダーのクロスをオーバメヤンが左足で押し込み、3-2とリードを広げた。

 さらにアーセナルは後半43分、右サイドから途中出場グエンドゥジの中央に送ったパスをオーバメヤンがスルー。ムヒタリアンがPA右に送ったスルーパスをオーバメヤンがニアに突き刺して4-2とし、2試合合計7-3で決勝進出を決めた。

 なお、決勝は今月29日にバクー・オリンピックスタジアム(アゼルバイジャン)で行われ、アーセナルはチェルシーフランクフルトの勝者と対戦する。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP