beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

【動画】新たな試合前ルーティン誕生!? 体毛ケアが及ぼすパフォーマンスへの影響とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 海外でプレーするプロ選手たち(日本人含む)にとっては当たり前と言われる“体毛ケア”。国内のアマチュアプレーヤーたちには馴染みが薄いのが正直なところだが、国内のメンズグルーミング市場は近年、急速に拡大しており、国内でも一部のプロプレーヤーは体毛ケアを実施しているという。サッカー選手にとって“体毛ケア”は、一体どんな効果を持つのか。パフォーマンスに影響はあるのか。社会人リーグでプレーする選手に体毛ケアを体験してもらい、その感想を聞いてみた。

 今回、体毛ケアに使用した商品は、6月1日に発売された「ボディトリマー ER-GK80(パナソニック)」。T字カミソリと異なり、シェービングクリーム等は必要とせず、試合や練習前に手軽にケアできる優れもの。こちらの商品を使って、社会人サッカーチーム「CERVEZA(セルベッサ)FC東京」(東京1部)のメンバーに体毛ケアに挑戦してもらった。


■サッカーエリートたちも“体毛ケア”は気になるが…


 今回、ボディトリマーを使って体毛ケアをしてもらったのは、Jリーグユース&強豪大学出身のDF保田隆介(慶應義塾大-横浜FMユース)、MF近藤洋史(早稲田大-名古屋U18)、DF金澤拓真(早稲田大-横浜FMユース)の3名。現在は都内に勤務しながら、東京都社会人サッカーリーグ1部で戦うCERVEZA FC東京」に所属している。

―――サッカーをするうえで、体毛を気にしたことはありますか?
近藤「気にしたことありますよ。すねは特に。剃ったからキレイになるかなあと思ったことありますね。見た目が。」
保田「海外で活躍する日本人選手が剃ってるのを見て憧れはありますね。流行ってるのかなって。」
金澤「僕はテーピング付けるときですね。剥がすときに痛いので、局所的に剃ったことはあります。膝近辺とか。」
保田「絆創膏貼っても剥がすとき痛いよね。」

―――剃りたいと思ったことはありますか?
近藤「ありますね。」

―――剃ることに抵抗はない?
全員「ないですね。」
保田「きっかけがなかなかないので…。」
近藤「T字のカミソリだと剃るのに手間がかかりそうなので…。」

■プロアスリートにとって、“体毛ケア”は気持ちを切り替えるため


―――プロアスリートに質問したところ、83.7%のアスリートが体毛ケアをしているそうです。
全員「へえー!」
金澤「多いっすね。」
保田「(僕たち)アマチュアですね(笑)。プロ意識が足りないなと…。」


―――その理由というのがこちら(上記図)になります。
近藤「ああ。わかりますね。気持ちを切り替えられるというのはわかる気がしますね。」
保田「確かに、ルーティンにするには良さそうですね。」

■実際にトライしてみると…


―――それでは、早速ボディトリマーで体毛ケアをしてみましょう。まず、ボディトリマーを手に持ってみてどうですか?
保田「見た目がカッコよくて良い!毛剃りなのにカッコいい!」
近藤「部屋に置いておいてもカッコいい。違和感ないです。」
金澤「持ちやすいです。軽いですし。」
保田「いいですね。早く剃りたいです(笑)。」


 3人がすね、腿、足の指などの体毛ケアを実施。体験中の驚きのリアクションと、プレー後の感想はぜひ動画を確かめてほしい。

★動画はこちら

【商品概要】


商品名:ボディトリマー ER-GK80
発売日:2019年6月1日
メーカー希望小売価格:オープン価格

Sponsored by パナソニック

TOP