beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミアリーグ個人賞も決定!得点王は3人、サラーが2年連続受賞に

このエントリーをはてなブックマークに追加

得点王は22得点でピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)とサディオ・マネ(リバプール)、モハメド・サラー(リバプール)

 プレミアリーグは12日、2018-19シーズン最終節を一斉開催。マンチェスター・シティが2年連続6回目のリーグ優勝を果たした。

 これで個人賞も決定。まずは『ゴールデンブーツ賞』は、最終節で2ゴールを挙げたリバプールFWサディオ・マネアーセナルFWピエール・エメリク・オーバメヤンが、22得点のFWモハメド・サラーに追いついて3人が得点王に輝いた。サラーは2年連続となる。

 最も多くのクリーンシート(無失点試合)を達成したGKに贈られる『ゴールデングローブ賞』は、最終節を前にリバプールGKアリソン・ベッカーマンチェスター・シティGKエデルソンが20回で並んでいたが、アリソンが21回で受賞。そして昨季に新設された『プレーメーカー賞』は、15アシストでチェルシーMFエデン・アザールが2代目アシスト王に輝いている。

【ゴールデンブーツ賞】
▼1位:22得点
ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
サディオ・マネ(リバプール)
モハメド・サラー(リバプール)
▼4位:21得点
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
▼5位:18得点
ジェイミー・バーディ(レスター・シティ)

【ゴールデングローブ賞】
▼1位:21回
アリソン・ベッカー(リバプール)
▼2位:20回
エデルソン(マンチェスター・C)
▼3位:14回
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)

【プレーメーカー賞】
▼1位:15アシスト
エデン・アザール(チェルシー)
▼2位:14アシスト
ライアン・フレイザー(ボーンマス)
▼3位:12アシスト
トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)
クリスティアン・エリクセン(トッテナム)


●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP