beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大阪ベスト8出揃う…興國や関西大北陽などがベスト16で姿消す:大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加
 19日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の大阪府予選が行われ、8強が出揃った。

 昨年度の全国高校サッカー選手権に出場した大阪学院大高は大塚高と対戦し、3-1で勝利。プリンスリーグ関西でここまで負けなしの阪南大高東海大大阪仰星高履正社高などが勝ち上がった。

 その一方で、前回優勝校の関西大北陽高がプリンス関西所属の金光大阪高に0-1で敗れて敗退。2年連続で3選手をJリーグに送り出している興國高関西大一高に0-1で完封負けを喫し、ベスト16で姿を消した。

 なお、7回戦は今月19日に開催。その後、勝ち抜いた4チームで総当たり戦の決勝リーグを行い、上位2チームが全国への出場権を得る。

[6回戦](5月12日)
大阪学院大高 3-1 大塚高
大阪桐蔭高 3-1 桃山学院高
東海大大阪仰星高 3-1 清明学院高
近大附高 3-1 大冠高
履正社高 1-0 大阪産大附高
興國高 0-1 関西大一高
阪南大高 2-0 清風高
金光大阪高 1-0 関西大北陽高

[7回戦](5月19日)
大阪学院大高 vs 大阪桐蔭高
東海大大阪仰星高 vs 近大附高
履正社高 vs 関西大一高
阪南大高 vs 金光大阪高

【決勝リーグ】
[第1節](5月26日)
[第3節](6月2日)
[第2節](6月1日)

●【特設】高校総体2019

TOP