beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“禁断の移籍”の行方は…19歳サンチョのマンU加入「五分五分」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・シティで育ったFWジェイドン・サンチョ

 マンチェスター・ユナイテッドへの“禁断の移籍”が取りざたされているドルトムント所属のFWジェイドン・サンチョ(19)だが、イギリス『BBC』は実現する可能性を「フィフティーフィフティー(50%)」だと報じている。理由はマンチェスター・Uが欧州CL出場権を逃したためだという。

 マンチェスター・シティのアカデミー出身のサンチョは2017年夏、ドルトムントに移籍。ブンデスリーガやUEFAチャンピオンズリーグで起用される傍ら、2000年生まれで初めてイングランド代表デビューも飾っている。

 そんな若き俊英には、かつてのクラブと宿敵関係にあるマンチェスター・Uが関心を寄せており、ドルトムントもサンチョ本人も移籍にも前向きのはずだった。ところが今季、マンチェスター・Uはプレミアリーグ5位に沈み、来季の欧州CL出場権を獲得できず。トップクラブでプレーしたい本人の意向とズレが出てきたという。

 現状ではパリSG、バルセロナ、レアル・マドリーも興味を持っており、獲得レースはますます激化。サンチョは移籍をためらうつもりはないようだが、移籍金は1億ポンド(約130億円)を超える見込みで、移籍の可能性は「五分五分」だとされている。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP