beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

三重の4連覇を阻止。高専チーム初の全国を狙う近大高専が粘り勝ちで三重4強進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

PK戦勝利を喜ぶ近大高専イレブン

[5.25インターハイ三重県予選準々決勝 三重高 1-1(PK2-4)近大高専 伊勢フットボールヴィレッジ]

 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(男子)の三重県予選準々決勝が25日に行われ、3連覇中の三重高と近大高専が対戦。両者譲らずPK戦までもつれた一戦は近大高専が勝利した。近大高専は6月1日の準決勝で海星高と対戦する。

 初戦で昨年度のインターハイ出場校である伊賀白鳳高を撃破したのに続き、今度は大会3連覇中の三重に粘り勝ち。高専チームとして初の全国大会出場を狙う近大高専が2年連続でのベスト4進出を果たした。

 昨年も全国出場を懸けた決勝リーグの最終節で三重と対戦したが、0-5で完敗したため、「めちゃくちゃ悔しかったので、今日は絶対に三重高に勝つぞという気持ちを全員が持っていた」(DF宇利友樹、3年)。この日も立ち上がりから、DF小嶋奏(3年)を中心としたボール回しから縦を狙った三重のペースで試合が進んだ。だが、「ミスは自然と出てくるので、相手にボールを持たせてショートカウンターを狙っていた」(亀井俊彦監督)という近大高専は、統率のとれた守備でしっかり対応。FW山口海斗(3年)を中心に狙い通り少ないチャンスをきっちり相手ゴール前まで持ち込むと、前半8分には左CKのこぼれ球をDF百地京平(3年)が頭で押し込み、先制した。

 以降も落ち着いた守りで三重に決定機を与えず試合を進めたが、前半終了間際に同点ゴールを献上してしまう。三重はDF飯坂唯人(3年)のクリアボールがMF浅野響(3年)に渡ると、PA前から打たれたシュートが近大高専DFに当たり、ゴールに突き刺さった。

「ライン設定も良かったし、声も皆で出せていた。自分たちの思った通りにボールが獲れてベストゲームだと思っていたので、最後に失点したのが悔やまれる」。宇利がそう振り返る近大高専だったが、ハーフタイムに気合を入れ直すと、後半3分にはPA左を仕掛けたFW古谷琉奇(3年)が倒され、PKを獲得。再リードを手にするチャンスだったが、キックは三重GK佃幹也(2年)に阻まれた。

 チャンスを逃した影響もあり、後半は三重に押し込まれる場面が続いたが、「『我慢!我慢!』と声を掛け合いながら、最後まで諦めない気持ちでやっていた」(宇利)。高さのある百地の跳ね返しや、GK奥永拓摩(3年)のセービングでピンチを凌ぎ続けると試合は延長戦へと突入した。

 延長戦でも決着がつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられることになった。近大高専の2人目のキックは佃に止められたが、続く後攻の三重がキックを左ポストに当てて振り出しに。迎えた4人目、先攻の近大高専が成功したに対し、後攻の三重はゴールネットを揺らしたものの、キックの際に2回タッチしたため、ゴールが取り消しに。運も味方につけた近大高専は、5人目のDF山本奨(2年)がきっちり成功し、4-2で熱戦に終止符を打った。

 今年は攻撃的なサッカーを志向してきた近大高専だが、県1部リーグでは失点が止まらず開幕から3連敗。苦境を打破するためにインターハイ予選では昨年までの堅守速攻にスタイルを戻し、負けないサッカーを目指した。ここまで許した失点は、この日の1失点のみ。「今は勢いに乗れているので、来週もこの勢いを継続したい」(山口)との言葉通り、調子は上向きだ。亀井監督は「次も決して甘くない試合になると思う。でも、準々決勝で三重高に勝利し、準決勝で海星と対戦するのは昨年の選手権と同じ流れになっているのでリベンジしたい。先制して負けた悔しさを持っている選手も多いので、面白いゲームになるはず」と次戦に向けての期待を寄せた。

(取材・文 森田将義)
●【特設】高校総体2019

TOP