beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[九州]福岡大FW梅木が4発で得点ランクトップに!宮崎産経大が2位に浮上:第8節

このエントリーをはてなブックマークに追加

4得点を決めたFW梅木翼

 九州大学サッカーリーグは第8節までが終了している。なお、天皇杯を戦う鹿屋体育大の九州国際大との第8節は、7月13日に行われる。

 圧倒的な成績で首位を走るのが福岡大だ。2位の鹿屋体育大は第7節で日本文理大と引き分けたために開幕からの連勝が止まっているが、福岡大は継続中。第8節でも沖縄国際大に今季2度目の8得点を決める大爆発で大勝し、開幕8連勝で首位をキープした。4得点を決めたFW梅木翼(3年=立正大淞南高)が、通算11得点で一気に得点ランキングトップに浮上している。

 また2位には、九州共立大を2-1で下した宮崎産業経営大が試合のなかった鹿屋体育大をかわして浮上。福岡大との勝ち点差は3となっている。

▽第8節
福岡教育大 2-2 東海大熊本
[福]高橋優人2(59分、81分)
[東]吉岡樹利也(43分)、西村匠汰(68分)

福岡大 8-0 沖縄国際大
[福]今田源紀(17分)、梅木翼4(31分、33分、39分、68分)、河野秀汰(46分)、鶴野怜樹(79分)、大崎舜(81分)

熊本学園大 0-0 日本経済大

宮崎産業経営大 2-1 九州共立大
[宮]オウンゴール(26分)、前田椋介(72分)
[九]藤野誉也(14分)

九州産業大 0-1 日本文理大
[日]渡邊鷹也(42分)

TOP