beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

5発完勝が嬉しすぎた?ウクライナ代表MFが美人リポーターに豪快キス

このエントリーをはてなブックマークに追加

オレクサンドル・ジンチェンコが美人リポーターにキス

 マンチェスター・シティに所属するウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(22)の試合後の行動が話題となっている。

 ウクライナは7日、EURO2020予選グループリーグ第3節でセルビアと対戦。先発フル出場したジンチェンコは積極的にシュートを放つなど、5-0の快勝に貢献し、チームは2連勝で暫定首位に浮上した。

 試合終了後のインタビューに応じたジンチェンコは、そのインタビュー終わりに美人リポーターの頬にキス。この動画がソーシャルメディアを通じて拡散され、話題となっていた。

 しかし、英『トーク・スポーツ』によると、ジンチェンコと美人リポーターのセダンさんは親しい友人関係にあり、全く知らない人ではなかったようだ。

 なお、先月にブルガリアで人気を誇るボクサーのクブラト・プレフ氏が、アメリカで行われた試合後のインタビューで女性リポーターの顔を引き寄せて唇にキス。これにより、罰金と出場停止処分を受けていた。

●プレミアリーグ2018-19特集
●EURO2020予選特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP