beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アジア勢の韓国はGL突破へ窮地…開催国フランス、ドイツが決勝T進出決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2連敗となった韓国女子代表

 女子ワールドカップは12日、グループリーグ第2節がスタートし、A組とB組の計3試合が行われた。アジア勢の韓国はナイジェリアに0-2で敗戦。開幕2連敗でグループリーグ突破に向けて厳しい状況となった。

 A組の韓国は開催国フランスとのグループリーグ第1節で0-4の大敗。ナイジェリアとの第2節に再起を期して臨んだが、前半29分、オウンゴールで先制点を与えてしまうと、ボールを支配しながらも後半30分に失点を重ね、0-2で敗れた。

 女子W杯は各組2位以内と3位グループの上位4チームが決勝トーナメントに進出できるため、2連敗の韓国もグループリーグ突破の可能性は残されている。しかし、0得点6失点で得失点差『-6』のため、同勝ち点で並んでも不利な状況。大量得点での勝利を目指し、最終節ではノルウェーと対戦する。

 その他、開催国フランスはノルウェーに2-1で勝利し、早々と決勝トーナメント進出が決定。また、B組のドイツもスペインを1-0で破り、グループリーグ突破を決めている。

●女子ワールドカップ2019特集

TOP