beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏樹への興味も伝えられるスパーズ…指揮官は補強について「私に決定権はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マウリシオ・ポチェッティーノ監督が補強について言及

 トッテナムマウリシオ・ポチェッティーノ監督が補強について言及した。

 2018-19シーズン、夏の補強だけでなく冬の補強もゼロに終わったトッテナム。しかし、就任5年目を迎えたポチェッティーノ監督は、プレミアリーグ4位入りで来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しただけでなく、今季の同大会でチームを決勝まで導いた。

 新スタジアムがオープンし、今オフシーズンは2018年1月にMFルーカスを獲得して以来、補強を進めることが予想されている。今月上旬には、ポチェッティーノ監督が高く評価していると伝えられるマルセイユDF酒井宏樹の獲得に動く可能性も報じられたトッテナムだが、指揮官は補強に関して自身に決定権がないことを強調している。

マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラリバプールユルゲン・クロップは、彼らがどのような選手を獲得したいか決めることができる。獲得する必要がない選手を決めることもね」

「しかし、トッテナムやチェルシーアーセナルなどのそのほかのチームにおいて、スカッドの構成は指揮官の手にない。我々の場合であれば、決定権は会長(ダニエル・レビ)にあるんだ」

 補強ゼロでも前進を見せたチームだが、ポチェッティーノ監督は「今シーズンに我々はチームを強化しなければならない。ほぼ2年も補強せずに節約した。強化は許されるべきだ」とコメント。クラブに対して補強の必要性を訴えている。

 なおトッテナムは現在、リヨンのMFタンギ・エンドンベレやリーズのMFジャック・クラークの獲得に動いていることが伝えられている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP