beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山本雄大主審の判定を嘆く?名古屋10番シャビエルがイニエスタとのマッチアップ場面の動画を投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季リーグ戦16試合で3得点を記録している名古屋10番のMFガブリエル・シャビエル

 名古屋グランパスのMFガブリエル・シャビエルが2日に自身のツイッター(@GabrielXavier)を更新し、6月30日に敵地で行われたJ1第17節・ヴィッセル神戸戦でのワンシーンを動画で投稿した。

 シャビエルがアップしたのは神戸戦の前半38分の場面。PA手前でFW長谷川アーリアジャスールの落としを受けたシャビエルがボールを浮かせてMFアンドレス・イニエスタをかわそうとしたところ、前から出てきたDFダンクレー、そしてイニエスタと接触してPA内で倒れたが、山本雄大主審の判定はノーファウルだった。

 シャビエルは納得がいかなかったのか、ツイッターで苦笑いする絵文字とともに「What?」と綴っている。

 なお、試合はイニエスタの2ゴールなどもあり、ホームの神戸が5-3で勝利を収めた。右サイドハーフでスタメン起用されたシャビエルはフル出場している。




★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP