beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル、ネイマール獲得競争撤退へ…「ピッチ外にリスク」と判断か

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルがFWネイマールの獲得競争から撤退へ

 レアル・マドリーが、パリSGに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得を断念したようだ。スペイン『アス』が報じた。

 ネイマールの獲得を熱望していることが伝えられてきたレアル。しかし、今回の『アス』によれば、同クラブはもはやブラジル代表FWをチームに加えることを良いビジネスだとは捉えておらず、同じパリSGのFWキリアン・ムバッペにトップターゲットを切り替えたという。

 伝えられるところでは、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が、現在27歳のネイマールにはオフザピッチでの振る舞いに関してリスクがあると判断したとのこと。対照的に、20歳と未だ若手のムバッペは昨年にロシア・ワールドカップ(W杯)を制覇しており、ピッチ外でのイメージもクリーン。マーケティング面での可能性も含め、同選手が優先されることになったようだ。

 また、ムバッペとパリSGの現行契約は2022年6月末までとなっており、2020-21シーズン開始前の契約を目論んでいるという。同選手が契約更新に応じなければ優位に交渉を進められるだろう、とレアルが考えていることが伝えられている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●フランス・リーグアン2019-20特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP