beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「葛藤」経て鹿島からバルサへ…安部裕葵「チャレンジする以外の選択肢はなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島MF安部裕葵バルセロナへ完全移籍

 鹿島アントラーズMF安部裕葵は12日、バルセロナへの完全移籍がクラブ間合意に達した。クラブ公式ツイッター(@atlrs_official)で安部の動画が公開され、「この度はバルセロナに移籍することが決まりました。いろんな葛藤があった中で皆様のサポート、声援、そしてチームメート、スタッフがいて、自分自身、このタイミングで海外移籍という挑戦するチャンスを与えられたと思っています」と報告した。

 決断に至った胸中を語った安部は「チャレンジ」という言葉を繰り返した。

「絶対にチャレンジする機会だと思うし、やっぱり一生のなかでこういうタイミングっていうのは何回来るか分からない。もちろん、ない人もいると思いますし、自分自身はこういうチャレンジできる立場にいるので、チャレンジする以外の選択肢はありませんでした」

「このチームを離れることになりますが、プロのキャリアを始めるチームがこの鹿島アントラーズですごい幸せだったし、このチームが大好きでした。でも、バルセロナに行くことでこのチーム(鹿島)だったり、ファン・サポーター、家族に良いニュースが届けられるように」

「たった2年半でしたけど、僕が高校生の時を考えたら今の状況なんて考えられない。次は何年後かは分からないですけど、2年半とは言わないし、もっと短いかもしれない。何があるか分からないので期間は分からないですけど、今、自分が想像できないような立ち位置にいるために日々努力して成長しようと思っています。2年間と半年、ありがとうございました」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP