beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

パリSGがレアルへのネイマール売却を検討か…ベイル+移籍金で成立する可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWネイマール(左)とMFガレス・ベイル

 パリSGレアル・マドリーへFWネイマールとMFガレス・ベイルのトレードを申し出る可能性があるようだ。イギリス『インデペンデント』が報じている。

 今夏の去就に大きな注目を集めるネイマールとベイルは、2つのビッグクラブが抱える悩みの種となっている。ブラジル代表FWは、パリSGを退団してスペインへの復帰を熱望していると考えられており、古巣のバルセロナとの再契約が頻繁に報じられているが、依然として大きな進展は見られない。

 一方、ウェールズ代表FWはレアル・マドリーが売却を進める意思を見せており、21日にはジネディーヌ・ジダン監督が退団に迫っていることを認めている。また、同選手に対しては古巣のトッテナムのほかに中国行きも過熱しているが、ベイル自身はアジアに新天地を求めることを渋っている模様だ。

 そんな中、パリSGがネイマールをベイル+移籍金でレアル・マドリーに売却する可能性が浮上。以前にはマンチェスター・ユナイテッドにポール・ポグバとブラジル代表FWのトレードを拒まれたフランス王者だが、『インデペンデント』によると、今回のレアル・マドリーとのトレードの方が実現する可能性が高いようだ。

 レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は長年ネイマールの背中を追い続けており、それと同時にベイルの売却を早急に進めたい考えを持っている。一方のパリSGもピッチ内外で問題を抱えるブラジル代表を放出することで、キリアン・ムバッペがチームの顔としてさらに成長できると考えているようだ。そのため、同メディアはこのトレードについて「いずれにとっても“ノー”と言うことが難しい状況」と見ている。

 今夏に大きな注目を集めるネイマールとベイルだが、トレードという形でその去就は決定するのだろうか。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●フランス・リーグアン2018-19特集
●酒井、昌子の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP