beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FC中里が韓国Kリーグへ完全移籍「より厳しい環境に身を置いた方が」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜FCは25日、MF中里崇宏(29)が韓国Kリーグ1部の江原FCに完全移籍すると発表した。

 中里は流通経済大時代から特別指定選手として横浜FCでプレー。12年に正式に入団すると、14年に水戸でのプレーはあったが、通算8シーズンを横浜FCでプレーした。J2通算は194試合出場5得点。今季はリーグ戦11試合に出場していた。

  クラブを通じ「加入した時はまさかこれほどまで長く横浜FCに在籍できるとは想像もしていませんでしたが、この8年間全てが僕にとってかけがえのない財産となりました」とコメントした中里。

 移籍の理由については「選手としてもっと成長するために、より厳しい環境に身を置いた方が良いのではないかと思ったから」だという。

 そして「最後にカズさん!公私ともにほんっっっっっとうにお世話になりました!そしてこれからもお世話してください(笑)毎日連絡します。大輔さんもありがとうございました!」とベテラン選手への感謝を綴った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP